浮気・不倫

慰謝料の相場とは?

不倫相手に請求できる慰謝料はいくら請求できるでしょうか?
実際の慰謝料の金額の相場は法律に決まりはなく、不倫相手との交際期間、行為の回数、相手方の収入・支払能力、離婚原因となったかによって、その金額は変わってきます。
各々の事情を考慮して慰謝料の算定を行いますが、調停や裁判などの裁判所で認定を行った場合は、50万円から300万円の範囲に概ね収まっています。
慰謝料を請求する場合の目安が下記のとおりです。

  • 離婚も別居もしない場合・・・50万円~100万円
  • 不倫が原因で別居した場合・・100万円~200万円
  • 不倫が原因で離婚した場合・・200万円~300万円

慰謝料の増減は、請求側に有利な証拠を積み重ねることが大きく関わってきます。
決定的な証拠がなくても、SNSやLINE、メールの書込み内容、携帯電話の発着信履歴などから不倫の事実を解明することも可能であり、また、それらを証拠として相手側に認めさせることも可能な場合があります。
証拠の選別は、ご自身で判断することはとても難しいものですから、経験豊富な専門知識を有する専門家にご相談することをお勧めします。

パートナーの浮気・不倫が発覚した・・・・

あなたのこの悩み解決します。

この悩みを解決するには!?

あなたは相手に
内容証明郵便を送るだけで
不倫の慰謝料が支払われると思っていませんか?

実際は7割近くが慰謝料を取れず泣き寝入りしています
よくある失敗例
  • パートナーが不倫・浮気の事実を認めない。
  • 内容証明郵便で慰謝料を請求したが無視された。
  • 慰謝料を支払うと連絡があったが、その後の連絡を無視された。
  • 払うお金がないので、払えないものは払えないと拒否された。
運よく慰謝料を取れたとしても…
よくある失敗例
  • 問題解決まで長時間を要してしまった。
  • 請求額とは程遠い額まで減額されてしまった。
  • 裁判になってしまい、精神的疲労が大きかった。
  • 支払われた慰謝料が相場よりかなりの低金額だった。
ご自身で慰謝料請求をした場合は、このように限界があります。
ご自身で慰謝料請求の限界を感じる前に、
そのような結果になってしまう前に弊所にご相談ください。

相談内容で多いのは、「早急に終わりにしたい」「高い慰謝料を勝ち取りたい」という事です。
そして、弁護士のイメージとして、利用金が高い、時間が長引く、裁判になるというものが多いですが、弁護士は交渉のプロフェッショナルですから腕の良い弁護士ほど長期化させず、交渉の段階で問題解決を図ることができます。
弁護士とてオールマイティに長けている弁護士はなかなかいないものですが、当事務所はこの分野に長けているのです。
ですから、当事務所では次の点に拘りをもって、日々の戦いをし、その戦いを勝ち抜いています。

  • 事件の早期解決
  • 相場より高い慰謝料の請求と獲得

慰謝料以外に請求できる費用

弁護士費用
慰謝料請求額の10%

調査費用
不貞行為立証にかかった費用

弁護士にご依頼されるメリットとは?

❶ 家族や職場に露見する不安を排除できます

不倫相手の配偶者が、自宅や職場に連絡したり、連絡をすると話しをしてくる場合がありますが、この様な場合は、家族や同僚に露見する恐れがあります。
ですが、弁護士が代理人になった場合は、弁護士が窓口となるため、家族や職場に知れてしまう不安が解消されます。

示談の効力が否定される事態を解消できます。

不倫相手に面会して、誓約書や合意書にサインさせたとしても、後日、相手から「私がサインした書類は納得した上でサインしたものではないので、無効だ。」などとそのサインの効力を否定する場合があります。
相手にとって、突然提出された書類にサインするということは強い強迫観念にかられたがゆえに「サインしたら、この場から立ち去ることができる。」という意識が強く働き、提出された文書の内容を熟考せずにサインしてしまい、後に効力を否定してくるということが多いのが現実です。
しかし、弁護士が窓口となった場合は、弁護士が相手方と交渉して作成した書面ですから、後に作成した書面の効力を否定されることはありません。

解決までの流れ

❶ まずはメールかお電話でお問い合わせ下さい。相談は何度でも無料です。

❷ 状況のヒアリングをさせていただきながら、解決方法や費用のご説明をします。ご納得いただいてから正式なご依頼となります。

❸ 証拠等を揃え、交渉の準備をします。

❹ 相手方に慰謝料請求し、交渉を重ねていきます。

❺ 慰謝料が支払われることに決まり次第、必要書類の作成などを行います。

※あくまで平均的な期間ですが、案件によりさらにお時間がかかる可能性もございます。 ※裁判をする場合は3ヵ月~6ヵ月

弁護士=費用が高いと思われてませんか?
ご安心ください。

当事務所は相談は無料でお受けしております。
受任することとなった場合の着手金は10万円~となっております。

相談料は何回でも無料でお受けしておりますから安心してご相談ください。
電話相談もメール相談も24時間体制で受けておりますのでお気軽にご相談ください。

対応地域 日本全国対応いたします。
ご相談料 無料(出張相談は費用が発生する場合があります。)
着手金 10万円~(事案の難易度、事案評価額により変動致します。)
報酬 経済的利益の10%~
実費 交通費、郵便費用、日当など

弁護士への相談を悩まれている方は、お気軽にご相談ください。
証拠がないからダメだろうと諦めている方もご心配いりません。
当所では、数多くの離婚相談を受けていますし、また慰謝料請求も数多く行ってきた実績がありますので、 証拠の見極め、積み重ねのノウハウもありますし、どうしてもの場合は、信頼のできる調査事務所に依頼して証拠収集をいたしますので、 安心してお任せください。

事務所概要
OFFICE

事務所名
豊楽法律事務所
所在地
〒101-0051
東京都千代田区神田神保町2-20-13 Y’sコーラルビル3階
弁護士
高田 康章
電話受付
24時間(土日祝も対応可能です)

お問い合わせフォーム
CONTACT